室内飼いの猫は外に興味深々なので出たがることが多いです。
IMG_20180622_170207_e
目次
🐈猫を外に出さないようにする理由

🐈外に出ないようにする方法

🐈猫が外に出て行ったしまった場合

🐈我が家の場合

🐈
まとめ


🐈猫を外に出さないようにする理由

どうして猫を外に出さないようにするのか?
ある意味人間が外に出るリスクと似ています、外に出ると交通事故にあったり、病気が他の人(猫)からうつされたり、他の人(猫)と喧嘩して怪我したり、知らない場所で迷って帰れなくなったりします。
特に怖いのが交通事故と帰って来れなくなることです、猫は小さい生き物です車に乗ってる人はさすがに猫が飛び出して道路を横断したりすることは予測できないので事故に遭う確率がかなり高いです。
そして人間の場合道に迷ってしまってもスマホで道を調べたり他の人に聞いたりと色んな方法で助かる方法がありますが、猫の場合ほぼ帰って来れません。場所は分かっていても野良猫の縄張りになっているようなところに入ってしまうと追い出されたりして帰って来れない場合もあります。
こういった理由から猫ちゃんが外に出たがっても外にださないようにすることが重要なのです。



🐈外に出ないようにする方法

まず脱走してしまう可能性が高い場所を考えましょう。 大体は玄関、窓、ベランダです。

玄関からの脱走を防ぐには?
猫ちゃんが玄関から逃げるときは大体飼い主がドアを開けた隙をみて、するっと出てしまいます。
外に出るときは注意して出れば防げますが帰ってきたときなど不意を突かれて出て行ってしまう場合があります。
もっとも簡単な方法は、猫がいる部屋から玄関に出るための扉を常に締めておくようにする方法です。
完璧に防ぎたいと考えている方は玄関を二重扉にするもしくは
こういったパーテーションで玄関にいけなくするのがいいでしょう。

次に窓、ベランダからの脱走を防ぐ方法です。
猫は手先が器用で頭もいいので軽い力で動く窓は開けてしまいます。それを防ぐには
IMG_20180704_204858_e
こういった補助錠を使ってくださいダイソーなどの100円ショップで売っているので安く買うことができます。
部屋の空気を入れ替えたくて網戸だけにしている場合も
IMG_20180704_204840_e
このように補助錠で開けることはできなくなります。
ただし網戸の網が猫に破られて出て行ってしまう可能性もあるのでこのような猫には破れないようにできている丈夫な網戸用の網が売っているので付け替えましょう。

🐈猫が外に出て行ったしまった場合

猫が初めて外に出て行ってしまった場合、警戒しているのでほぼ家の近くにいると思って間違いないです。ただし外にいる期間が長くなればなるほど遠くに行ってしまいます。外に出た猫を確保するのは3日以内が山場です、それ以上経つと難しくなると言われています。

外にいる猫を捕まえる方法

まずは、できるだけ逃げた場所の窓、ドアは常に開けておくようにしましょう、そこから戻ってくる場合もあります。(多頭飼いしている場合、別の猫がそこから出ないように別室に隔離するように注意してください。)

逃げた直後の猫ちゃんは興奮している場合がほとんどなので見つけて追いかけたりすると逃げてしまうので、ひたすら名前を呼んで飼い主が近くにいることを知らせてあげるのがベストです。

そして探すなら夜がいいでしょう、猫は夜に行動することが多いので昼は見えないところで隠れている場合が多くなかなか見つかりませんが夜なら割と見つけやすいです。寂しくて鳴いている場合も多いのでよく耳をこらしてみましょう。

初めて外に出た猫は外でご飯を得る方法を知らないので空腹の場合がほとんどですのでご飯で釣るのも一つの手です。ただご飯を置いておくだけなら満腹になってまたどこかに行ってしまうので常に見張っておくようにしてください!

それでも難しい場合、住んでる場所にもよりますが最寄りの保健所で捕獲用の檻を貸してくれる場合があります、それを借りて普段あげているご飯を設置しておけば捕まえることができます。

家の周りに逃げた猫ちゃんが普段使っているトイレ用の砂等を巻いておくと安心できる匂いで近よってくる可能性も上がります。ただしコレは近所の方に迷惑になる場合があるので断りをいれてから行うようにしましょう。


🐈我が家の場合

我が家の場合、猫が2匹いますがキジトラのるなが外に興味深々で常に脱走しようとします。
実際にるなが初めて逃げたとき夜に鳴き声が聞こえて近くにいるのはすぐに分かりましたが近寄ると逃げてしまい捕まえることができませんでした、結局保健所で捕獲用の檻を借りることができたのでご飯で釣ることにより捕獲出来ました。その後2度ほど逃げたことがありますが数時間後に開けておいた逃げた窓から戻ってくるようになりました。

白キジのれおはあまり外に出ようとしなかったのですが1度るなが逃げたのを追いかけて出て行ってしまったことがあります。(るなは数時間後自分で戻ってきました。)
そのときは家の近くの人間が入れない狭い場所で隠れているのを確認できましたが呼び掛けてもなかなか出てこず捕獲できませんでした、その後夜になると出てきて捕獲することができました。
その後、外の世界が怖くなったのか窓やドアが開いていても全くでなくなりました。

🐈まとめ
初めて自分の愛猫が逃げてしまったとき、どこかで事故に遭ったりしてないかと心配でしょうがなく冷静でいられなくなるかもしれないですが、そういうときでも落ち着いて探すようにしましょう、絶対に家の近くにいますので諦めないでください。




にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村
スポンサードリンク